監視と構築を行う

主にネットワークエンジニアの仕事内容としては、監視と構築があります。監視は比較的経験が少ないネットワークエンジニアが担当する事が多く、トラブルやアクシデントが発生した時は対応しないといけません。監視の場合には、マニュアルなどが準備されている事が多く、一定の流れをマスターしてしまえば、仕事を行える事が多いです。しかしトラブルが発生した時は、速やかに対処して元の状態に戻さないといけません。高い集中力を常に維持する事ができれば、素早い行動を行えるので評価もされやすいです。構築は依頼者によってネットワーク環境が違っているので、最適なネットワーク環境を提供できるよう求められます。どちらかというと構築の方が難しい仕事内容になっており、お客様との交渉も行わないといけないので、高い能力が求められます。一般的にはまず監視を経験し、徐々に上流工程の仕事をやっていくという流れになります。

他のエンジニアと比べて、ネットワークエンジニアはシフト制などの勤務形態になっている事が多いです。その為他のエンジニアと比べても、比較的女性のエンジニアが数多く活躍しています。ただし必ずしも日中に仕事できる訳ではなく、男性と同じ仕事を行わないといけないです。その中には深夜の仕事をしないといけないケースも少なからず出てきます。女性でも十分に活躍する事ができますが、性別で区別する事はありません。男性と同じ仕事を求められて、成果を残す事ができれば、エンジニアとして成長する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です